読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学習編(データセットを操作してみよう!)

★厳選オススメ記事!

データセットを操作してみよう!!

データを操作出来るようになるのは、どんなシステムでも操作する上で基本的なスキルです。

z/OSでは、ファイルは「データセット」と呼ばれています。

シーケンシャルデータセット

データセットは、いくつかタイプに分かれており、一般的に使用されているタイプは「シーケンシャルデータセット」と呼ばれています。
*windowsLinuxのファイルと似ています。
WindowsLinuxでは一般的に\nなどの制御文字を使用してレコードを区別しているのに対して、メインフレームのデータセットでは予めレコードの長さを定義しています。

PDS・PDSE

その他のタイプのデータセットは「メンバー」を格納するように構成されています。
これらのデータセットは、フォルダやディレクトリと似ています。
「メンバー」を格納しているデータセットは、PDSやLIBRARY(PDSEと呼びます。
PDSやLIBRARYを入れ子のようにして使用することは出来ません。

広告を非表示にする